毒物を知り尽くした男が開発した野生生物ミネラル

自らを「毒物屋」と呼んでいた中山栄基先生
化学物質に汚染された環境から体を還元させるという発想
有名病院での数々の臨床治験
今注目されいている「野生生物ミネラル」とは一体何か?

体を還元する(元に戻す)という発想から、長年毒物について
研究してきた中山栄基先生が開発された「野生生物ミネラル」

医薬品は、病態への直接的な反撃を主たる作用としています。
できればピンポイント攻撃できないかとするのが、医薬の発達と
考えられています。これに対し『生物ミネラル』は、病気が発現する
ような環境をなくすこと、つまり異常な状態に陥る土壌を作らない
体づくりを目指しています。
これは元来、我々人類が持っていたはずの力でした。
ところが、この化学物質が氾濫してしまった現代社会では徐々にその力は
減退し、医療の発達の力に頼らざるをえない状況となってしまいました。
「病気にならない」もしくは「病気になっても自ら治してくれる」。
その「体本来が持つしくみ」を思い出させる事。
それがこの生物ミネラルの役割です。




関連記事

カテゴリー: 健康 サプリメント