コレステロール、生活習慣が気になる方に

健康診断、あなたの数値は大丈夫?
注目成分モナコリンK含有量4.5mg!
コレステロール、生活習慣が気になる方にオススメ

『紅麹MK』
「モナコリンK」を豊富に含む菌株を使っているのが特長
1979年、東京農工大学の遠藤章博士によって、
紅麹の一種から血清コレステロールを降下させる物質が発見され、
「モナコリンK」と名付けられました。
現在、抗コレステロール症薬として用いられている医薬品のなかには、
この「モナコリンK」が原料となっているものが複数あります。
(※2008年、アメリカでもっとも権威のある医学分野の賞、「ラスカー賞」を受賞)
紅麹は、酒、味噌、醤油などをつくる際に使用される麹の仲間ですが
、他の麹とは異なり、鮮やかな紅色をしています。
古来から中国や台湾において、紅酒・老酒などの素材として、
また我が国では沖縄で「豆腐よう」と呼ばれる豆腐の発酵食品に
利用されてきました。
現代でもその紅色を「カニかまぼこ」などの食品用天然着色料として
幅広く用いられています。

インターネット特別初回限定価格 (お一人様 2袋まで)
1袋 3,000円(税込) 2袋 5,800円(税込)




関連記事

カテゴリー: 健康食品 販売