抜け毛と毛根

市販の発毛促進剤やシャンプーを購入する際、適したものを選ぶためには、
毛髪の抜け毛の症状について、自分の毛根を調べることで、その原因を
推測することができます。
治療を必要とする症状の毛根である場合には、自分で目安をつけられる
ことは、進行する薄毛への対応も早く、早期に治癒させることも可能です。
抜け毛には通常男性で2~5年、女性で3年~6年といわれるヘアサイクル
(毛周期)の成長期をへて、自然に生え変わる自然脱毛と、なんらかの理由
から成長段階の途中で抜け落ちてしまった異常脱毛とがありますが、自然脱毛
で抜けた毛髪の毛根は、マッチ棒のようなふくらみがあります。
異常脱毛による抜け毛はその症状によって毛根が異なり、「毛根がふくらみが少ない」
ものは発毛に大事な毛根の中心にある毛乳頭が栄養不足、「毛根に白い
ものがついている」ものは、頭皮から皮脂が過剰に分泌されたために起こる
血行不良、のほか、毛根が先細りになってしまっている、切れてしまったように
なっているなど、脱毛・抜け毛のメカニズムにはまだ解明されていない部分も
多くありますが、毛根の状態を見た限りでは、充分な養分を与えられないために、
毛乳頭がやせ細り、抜け落ちているものが多いようです。
短命な抜け毛に「短小毛」というものがあります。
これは、抜け毛となる状態もいろいろだと思いますが、5~6cmで抜け落ちて
しまう、先の尖った細い抜け毛のことをいいます。抜け毛の中にこの「短小毛」を
見つけてしまったら、薄毛対策には充分な注意を払わなければなりません。
この「短小毛」は、理髪店で毛先をカットされる前に抜け落ちてしまっているので、
毛先が尖っています。それだけ短い成長期しか発毛せず抜け毛となってしまって
いるということになりので、もし見つけてしまった方がいたら少しあせったほうが
いいかも知れませんよ。。個人的には丸刈りの坊主頭なので、「短小毛」は探したくても
探すことができませんが、まだ髪が長かったときには・・・見たことがあったよーな・・・^^

関連記事

カテゴリー: 抜け毛 対策